こんな車は不正改造!事例と禁止の理由について

不正改造とは、暴走族のような車両のことではなく、知らないうちに不正な改造をしていることもあるので、警察に取り締まられる前にしっかりと対策をとる必要があります。
運転席や助手席の運転席ガラスに着色フィルムを張り付けて、可視光線透過率70パーセント未満は禁止されています。


着色フィルムを張り付けることによって、夜間の運転の際に周辺確認が困難になり交通事故の原因となることから大変危険です。
消音機と切断や取り外しを行うことは違法行為です。
消音機を切断したり取り外すと騒音が発生するため、周辺の生活環境を害することになります。
トラックなどで多くみかける、全面ガラス等への装飾版を取り付けた状態で可視光線透過率70パーセント未満は違法となります。
トラックなどは、全面ガラスなどに装飾版などを取り付けている人も多くおり、装飾版があることによって前方を確認する妨げとなるので大変危険です。
セダンタイプの車両などで、タイヤやホイールがフェンダーの外へはみ出して、交通の安全を妨げるものであれば違法となります。
適切なタイヤやホイールを取り付けなければ、車体やブレーキ構造などに干渉を起したり、歩行者に危害を加えることもあるので大変危険です。

コメントは受け付けていません。