基準外のウイング

自動車が好きな人の中には、後部に巨大なウイングを取り付けている人も見かけます。しかし、その中には基準外の物も沢山あります。取り付け基準は、まずは突起物が無い事、車幅を超えない事、最後部や最上部よりも短い事が大前提です。そのほか取り付け基準にも規定があり、安全に取り付けられ落下などの危険が無いことが規定されています。


基準外の場合には、道路を走行している場合において他車や歩行者に重大な危険が及ぶとされています。まず、その形状が一般的に薄く、鋭いものである場合があるため、走行中に他車や歩行者を傷つけたり、恐怖感を与えるといった可能性が高いという事があります。自動車は速い速度で走行しているので、このようなものが軽く接触しただけでも大きな事故になる危険があります。また、落下したり破損した場合にも同様に、大きな危険が及ぶことがあり、非常に危険だからです。
競技用の車両に於いては大型の物を取り付けているものを良く見かけます。しかしあくまでも競技用であり、その中の規則に則って安全性を十分確保した上で取り付けられています。しかし、一般の道路の場合には歩行者や一般の運転者もいるので、安全を最低限確保するために基準を設けており、この基準を守ることが相互の安全確保に繋がります。

コメントは受け付けていません。