自動車の改造・カスタムに関する疑問

}PgžxQ改造車というと、派手で目立つ車という印象が強いでしょう。自動車をカスタムするのが趣味の人だっています。そんな中には便利だからとか魅力的に見えるからと思って、知らずに不正改造をしてしまっている場合もあります。不正改造は犯罪で、もしかして人に危害を加えてしまったり迷惑をかけてしまったり、自分自身にもなんらかの危険が及ぶかもしれない状況になることだってあります。


知ってる人も知らない人も、どんなことをすると違反になってしまうのかを覚えておくと良いでしょう。よくあるのが、灯火類の色の変更です。灯火類にはそれぞれ色が定められていて、それ以外の色に変更してしまうのは違法になります。眩しすぎるとか他の交通に誤認を与えてしまうかもしれない色だったり、とても危険だからです。次に着色ウィンドウガラスですが、後部座席の着色ウィンドウガラスは違反にはなりません。車種によっては純正のウィンドウガラスにも多少色がついている場合もあります。違反になるのは、助手席や運転席のウィンドウガラスに着色フィルムを貼ることです。基準となる光の透過率が決まっていますし、運転席や助手席のウィンドウガラスに着色フィルムを貼るとまわりがかなり見にくくなってしまうからです。他にも、タイヤのはみ出しや不正マフラー・不正警音機の使用もまわりの迷惑になりますので、やめましょう。